9月までにHPをスマホ対応へ!Googleが完全移行を発表したモバイルファーストインデックス(MFI)とは

  • 2020.03.31
  • WEB
9月までにHPをスマホ対応へ!Googleが完全移行を発表したモバイルファーストインデックス(MFI)とは

みなさんこんにちは。株式会社Spirale(スピラーレ)の太田です。

今回はGoogleが 2020年3月5日木曜日 に発表したモバイルファーストインデックス(MFI)の完全移行についてご説明いたします。

モバイルファーストインデックス(MFI)とは

まず初めのモバイルファーストインデックス(MFI)の開始は、2018年3月27日火曜日に Googleより 発表されました

そもそも検索結果はGoogleが「このサイトはユーザーにとって価値がある」と判断したサイトを順番に表示させています。これをGoogleアルゴリズムと呼びます。詳しくは 「自社ページのアクセスアップを図りたい…!そんな時覚えておきたいSEO対策とは」でも書きましたので、詳しく知りたい場合はお読みください。

従来であればこの判断がPC版サイトに基づいていました。しかし、検索行動や情報収集がスマートフォン主体へ変化していく昨今の流れを鑑み、Googleがスマートフォンのサイトも判断基準の1つとしました。このようにスマホサイトを判断基準の1つとすることをモバイルファーストインデックス(MFI) と呼びます。

発表内容には「歴史的にデスクトップ版(PC版)のコンテンツがインデックスされてきましたが、今後はモバイル版のコンテンツを使用していきます。」と書かれています。

この時点では「判断基準の1つとする」という意味合いで、検索順位に大きく変動をもたらすものではありませんでした。

2020年9月にMFI完全移行へ

しかしこのMFIの開始から2年余りで、MFIへの完全移行を発表しました。

これはスマートフォンサイトが完全に判断基準となり、検索順位においても優位になることを指します。

つまり未だにPC版のホームページしか持ちあわせていない場合、お客様やユーザーにホームページを見つけてもらいづらくなるということです。

完全移行の背景として 「私たちの分析から、検索結果に表示されるほとんどのサイトはモバイルファーストインデックスに適しています。検索結果に表示されるサイトの70%はすでに移行しています。簡略化するために、2020年9月以降、すべてのWebサイトをモバイルファーストインデックスに切り替える予定です。」 と発表しています。

つまりMFIの開始発表によって、多くのホームページが既にスマホ対応を実施していたということですね。

したがってGoogle側としてもわざわざ残り30%のためにPC版とスマホ版双方を基準とすることが「手間」と考えたのでしょう。それらの作業を全て簡略化するべく2020年9月をもって完全にスマホサイトを判断の基準とします、という発表が今回の完全移行の背景です。

PC版のサイトしか持ちあわせていない場合、早急にスマホ対応を検討した方がよさそうですね。

スマホ対応済みサイトかチェックする方法

まず自社のホームページがスマホ対応済みがどうか、ご存じでしょうか?知らない方はこちらからチェックが可能です。

URLを入力しチェックしてみてください。

最後に

今回はモバイルファーストインデックス(MFI)についてご説明させていただきました。2020年9月の完全移行までにはホームページをスマホ対応にしておきたいですね。

株式会社Spirale(スピラーレ)では、目的に合わせたHP作成やホームページのスマホ対応、SEO対策等も行っております。

作ることが目的ではなく「何のために作成するのか」をヒアリングさせていただきながら、ゴールに向かって最後まで伴走いたします。

少しでも気になればお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。お待ちしております。

お気軽にお問合せください。

logo
株式会社Spirale(スピラーレ)では、ゴールに合わせたHPの作成、SEO対策、DTPデザイン、Gsuiteの導入、クラウドでの顧客管理ツールの構築など幅広くご支援させていただいております。 まずはお悩みをお聞かせください。ご相談はもちろん無料です。お気軽にご相談ください。

WEBカテゴリの最新記事